5月7日(木)   「春」はいずこ?

緊急事態宣言が延長されて、学校の授業開始もお預けとなった。学校は、学年別に一日おきに、または午前か午後に分け、1クラスの生徒数を減らすためにクラスを増やす形にすれば、三密をクリアできそうだが、そう思うのは私だけか。でも、これをきっかけに1クラス20人くらいの学級になればとてもいいのにとポジティブに考える。
休校問題を解決する道はいろいろあると思われるが、開校の決断には消極的だ。他の都道府県では学校再開の声もきかれるのに。とにかく川崎市の「春」は遠いなあ。